2008年07月22日

世界のコーヒー需要から・・・

コーヒー動向.jpg
世界のコーヒー需要動向表(クリックすると大きな画像が見られます)

一覧からもわかるように、日本はアメリカ、ドイツ、ブラジルに次いで世界第4位のコーヒー消費国です。
しかし、ここ数年コーヒーの世界的需要に大きな変化が起きています。
新興国での消費がものすごい勢いで伸びています。
中でも資源バブルに沸くロシアの伸びは凄まじく、この10年間で実に3倍以上、数年で日本を追い越しそうです。
それ以外にもベトナム、タイ、インド、インドネシア、ブラジルなどの伸びが大きく、
経済新興国の旺盛な需要は日本のコーヒー業界にも少なからず影響を与えてきています。
経済新興国と言えば、お隣の中国も外せないところですが、伸びているとは言えまだ日本の10分の1程度の需要量でさほど大きなものとはなってきていません。
ロシア以外の伸びの大きい国は自らコーヒーの生産を行なう国でもあり、コーヒーに馴染みが深いことが、需要増に直結しているのかもしれません。
今後、これに加え中国が凄まじい勢いでコーヒーを消費し始めたら・・・、考えただけでちょっと怖くなってしまいます。

10年ほど前、20世紀の終わりごろコーヒーの世界ではベトナムの生産量が一気に世界第二位まで伸び、供給が需要を極端に上回る状態でした。コーヒーの買付価格は暴落し、世界各地の生産者にも大きな影響を与えました。
一転、21世紀に入ると、スタバなどの外資系コーヒーチェーンのバイイングパワーが世界のコーヒー産業を席巻し、各地のコーヒー買付価格は一転高騰し続け、またこの数年は投機筋と見られる資金の流入も増え、価格上昇のピッチを早めています。
コーヒーの生産現場ではこの不安定な価格の乱高下に長年一喜一憂し、悩まされてきています。
コーヒーは実は原油に次ぐ取引価格を誇る国際商品。原油の投機筋による高騰が毎日のようにニュースになっていますが、コーヒーにも似たような現象が起こりつつあるようです。
コーヒーの買付価格がある程度上がることは産地で低賃金にあえぐ農家さんたちにとっては朗報となりますが、日本のような消費国にとっては厳しい状況になってきています。
既に上質なもの、希少価値のあるようなものでは日本企業はいわゆる「買い負け」をしてしまうことが起きています。
当店でも以前から仕入れていたインドネシア産のコピ・ルアックやセントヘレナ島のコーヒーはなかなか入手すること自体が困難になってきてしまっています。
旺盛な消費意欲と資金に後押しをされ、現地で札束をつむような外資勢に太刀打ちできない状況が生まれてきています。
何事にもものには限度があると思うのですが、無分別な価格競争は産地での優良なコーヒー生産にとって悪影響すら及ぼす可能性があります。
日本の輸入商社さんなどは長年に渡って現地農家、生産組合などと上質なコーヒーの栽培、精製に協力し、パートナーシップの確立のもと、商品供給を行なってきました。
しかし、現在そのような長期のパートナーシップをもとにした商取引よりも目の前のより高い買取価格の方が優勢になりつつあります。
さほど上質なものでなくても高い値がつくのであれば、苦労してより良いものを作ろうとする生産者は減り生産基盤自体を破壊してしまいかねません。
長い視点でより良いものの生産とそれに見合う価格の提供を行なうというのが農産物取引の正しい姿だと思うのですが、現在のコーヒー業界はその正反対の方向に進んでいるようにも見えます。
これはバイオ燃料などに関連した穀物価格の高騰などにも似たものがあるように思うのですが、このような流れは一時的には農家の収入増には繋がっても、結局のところはバブルですから、本来の価値を見失って踊ってしまえば、後で大きなシッペ返しを受けてしまうかもしれません。
また、先日お話ししたエチオピアの残留農薬の問題のように、国際的に見てとても厳しい基準を設けていることもコーヒーの輸入には大きな足かせになりつつあります。日本は国産神話のようなものが非常に強く、外国産の農産物に一種のアレルギーのようなものがありますから、やむを得ないのかもしれませんが、コーヒーのようにほぼ100%外国からの輸入に頼っているものの場合、もう少し現状の世界的な枠組みや実際の健康への影響などを考慮して基準を考えてもいいのではないでしょうか・・・。
気が付いたら日本には優良なコーヒーはほとんど入らなくなってしまった・・・、なんてことだけにはならないで欲しいものです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。