2009年04月08日

一番飲んで欲しいお茶!八十八夜摘み限定新茶!

shizuoka.jpg

立春から数えて八十八夜、この頃になると冬を乗り越え新たに芽吹いた新芽には最高に滋味が蓄えられた状態になります。
この最高に素晴らしい状態となった茶葉を丁寧に手摘みにし、さらに間髪いれず熟練の職人の手で深蒸し製法で製茶したお茶を毎年ご紹介しています。
茶葉には酵素が含まれていて摘んだ後に放置すると熱を持ち、醗酵が始まってしまいます。このため、時間のかかる手摘みの作業は夜明け前から始まります。
当店では毎年、静岡・菊川の契約農家さんたちにご無理をお願いしてこの手摘み八十八夜新茶を作っています。

お煎茶の醍醐味の中でやはり最も素晴らしいのは春先の新茶の味わいだと思います。
淡く青々とした香りの中にふくよかな旨みが凝縮されている感じはこの時期の新茶だけが持つ特別な香味です。
ペットボトルや缶入りのお茶がとても身近な時代ですが、お茶本来の味わい、新茶の凄さをご存知の方は年々少なくなるばかりのような気がして残念でなりません。
日本人だからこそわかる繊細な味わいだと思います。
1年を通じて最もお勧めしたい、一番飲んで欲しいお茶です。この機会にぜひお試しを!

御予約は(4月30日まで!)
春木屋オンラインショップ「月滴庵」
八十八夜摘み限定新茶 上選¥1050 特上¥1575




posted by yu at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。