2009年04月09日

嗚呼、ミニ茶箱よ・・・

ミニ茶箱の職人が絶えてしまいました・・・
mtg-tb-mizuoudo001[1].jpg

当店ではかれこれ20年も前から茶箱に布張りをした「おしゃれ茶箱」を作っています。
お蔭様でここ数年はだいぶその存在も知られるようになり、インターネット販売なでも定着してきました。

そんなおしゃれ茶箱のラインナップの中で、一番小さなサイズのものがミニ茶箱。
お茶の輸送・保管用として作られる杉材を使った本茶箱ではなく、
お茶やお菓子などを入れて、ちょっとした贈答用などの用途で用いられる合板製の簡易茶箱です。
千代紙などを表に貼り、昔からお茶屋さんなどの店頭で愛されてきた商品です。

当店ではこのミニ茶箱にも様々な布張りをして、主にギフト用の贈答BOXとしてご案内をしておりました。
母の日や父の日のギフト、結婚式の引き出物や快気祝い、出産祝い、上棟祝いなどなど、
手ごろなサイズと価格で、様々なお祝い事などのギフトBOXとしてとても人気がありました。

しかし、残念なことにこの3月一杯でミニ茶箱を作っていただいていた職人さんが工房を閉められてしまい、ミニ茶箱そのものを入手することが不可能になってしまいました。
ちょっと特殊な茶箱であったこともあり、現在このミニ茶箱の製造はその工房ただ一つ、
つまり、長年愛されてきたこのミニ茶箱はもう誰も作る人がいなくなってしまったということです・・・。

いつかこんなことになってしまわないように・・・、
年々減り続ける茶箱の職人さん、工房。そんな状況の中で、当店では茶箱の新しい活用方法、茶箱業界の活性化に少しでもなれば、と考えこの布張りをした「おしゃれ茶箱」のご案内をネットなどを通じて始めました。
でも結局無力でした。
もう少し手助けになるようなことができなかっただろうか?
もう少し積極的に販路を切り開くことができなかっただろうか?
今更どうにもなるものでもありませんが、悔やまれてなりません。

本茶箱の職人さんも既に10名と残っていません。
しかも共通して高齢化、後継者難、受注量の減少という状況を抱えています。
ミニ茶箱の製造を他の職人さんなどにも打診してはいますが、特殊な茶箱であることも手伝い、なかなか簡単にはいきそうにもありません・・・。

茶箱は本当に素晴らしい保存BOXです。
湿気や匂いに強く、丈夫で長持ち、何より素朴な味わいはなんともいえません。
こんな素晴らしい保存BOXが時代の流れということだけで消えてしまっていいわけがありません。
微力であることを改めて痛感させられつつも、新たに茶箱への取り組みを強化せねば!と考えさせられております・・・。


posted by yu at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。