2007年08月22日

ジャポニカロゴス〜コピルアック

http://www.harukiya.com/product/176
先週来、コピルアックへのお問合せがとても多くなっていて、はて?どうしてだろう???と思っておりましたが、
お客様の一人から「タモリさんのジャポニカロゴスという番組でやってました」というお話しをお伺いいたしました。
なるほど、そういうわけでしたか。納得です。

コピ・ルアックはいわゆる「ウンチコーヒー!」というもので、イタチやタヌキ、ジャコウネコなどの野生動物の排泄物の中から消化されずに出てきたコーヒー豆を精製したものです。
これだけ聞くと、とんでもないゲテモノ、キワモノのように聞こえますが、野生動物はたくさんのコーヒーチェリーの中でも上等なものから選んで食べること、体内の酵素などがコーヒー豆に微妙に影響を与え、とてもマイルドな仕上がりになることなどから、昔から大変高級なコーヒーとして扱われてきました。
現在でも世界中のコーヒーフリーク垂涎のコーヒーであり、小売価格が100g100ドル以上の値段をつけることも少なくありません。

但し、このコピルアック、粗悪なものや、偽物も多いことで有名です。
現地のドロップコレクターというコピルアックの収集業者としっかりとしたコネクションをもっているかどうか、また、収集された地域などが厳密に管理されているかがとても重要となります。
東南アジア全域にこのコピ・ルアックが存在していますが、この地域で栽培されている99%のコーヒーはインスタント用などとして使われる「ロブスタ種」という品質の低いコーヒーです。
つまりコピルアックとして収集される大半のものはこのロブスタ種のものということになります。
当店では以前からアラビカ種の高品質豆を産出する農園近辺で収集されたコピ・ルアックのみ入荷させておりますので、その品質はかなりの確立で最も高いレベルのコピ・ルアックであるといえると思います。

現在、新しい豆の通関待ち状態ですが、この8月末に入荷予定の今度のコピルアックはインドネシア、ジャワ島東部、「カユマス農園」内で収集されたもので、野生のジャコウネコの落し物です。
カユマス農園は17世紀末オランダ東インド会社が開墾して以来、なんと300年以上の歴史を持つ、現存する農園の中では世界最古の農園の一つ。現在ではスペシャルティクラスのアラビカ種コーヒーを栽培しています。
この農園内で収集されたコピルアックですので、ほぼ100%スペシャルティクラスのアラビカ種コーヒーのコピルアックという特殊なコピルアックになります。(もちろん、ジャコウネコがよそで食べた豆をこの農園内で落としていくという可能性も否定できませんが・・・)

収集された「落し物」はきれいに洗浄、精製、天日干しされてから出荷されます。
味わいはその来し方からは想像できないほどクリーンできれいな香味を特徴とします。柔らかな甘味とスムースな飲み口は抜群です。
昔からコーヒー好きなら「死ぬまでに一度は飲みたい」と言われてきたまさに「幻のコーヒー」。
もうすぐ入荷です!!!

お買い物は春木屋オンラインショップ「月滴庵」へ!
コピルアック・カユマス
お試し25g1000円 100g3500円 200g6000円


この記事へのコメント
コピルアック届きました。
本当にその経歴からは信じられないくらいきれいな味わいで驚きました。これからも時々飲みたいと思いました。
偽物も多いとのことですが、何か見分ける方法ってありますか?
Posted by chakura at 2007年08月29日 16:49
chakuraさん、コメントありがとうございます!
当店のコピルアック気に入っていただけたご様子、嬉しい限りです。
さて、コピルアックの偽物についてですが、
一般の方がコーヒー豆自体を見て見分けることはほとんど不可能だと思います。
プロの業者でも偽物の生豆を買付けてしまうことも少なくありません。
というのは、コピルアックは農園単位の出荷などをすることは稀で、様々なところで拾われてきたものを集めて出荷されることがほとんど。流通経路が不透明になりやすく、偽物が混入する可能性も高いのです。
ですから、結局のところ、信頼できる業者から購入する以外ないかと思います。
コーヒーのことが大好きで、細々としたことに神経を使っている業者であれば、より本物のコピルアックである確立が高くなると思います。
コピルアックと一言で言っても、とれる地域、ジャコウネコが食べたコーヒーチェリーの品種などによって味わいは微妙にことなってきます。
産地である、インドネシアなどでは圧倒的にインスタントコーヒーの原料用などのロブスタ種が多いですから、高品質なアラビカ種だけを栽培されている地域から収集されたものであるかどうかということも重要なポイントになります。
高品質なアラビカ種から生まれたコピ・ルアックの味わいはとてもすっきりとしていて香りは上品、クリーミーなまろやかさに溢れています。
逆にロブスタ種の混入したものは苦味やエグミの強いものが少なくありません。
ジャコウネコの体内酵素の影響を受けていますので生豆自体は通常のものよりも柔らかく、基本的には深煎りには向きませんし、繊細な味わいを楽しむためにも中浅煎りから中煎り程度までが適切だと思います。
ロブスタ種混入のものではクセを消すために深煎りにしている場合も多いようですので、見分けるポイントになるかもしれません。
いずれにしましても、とても特殊なコーヒーですので、普段からお付き合いのある、安心して任せられる業者をお選びになることが良いのではないかと思います。
これを機に、当店のコーヒーとも末永くお付き合いをしていただけますと幸いです!!

Posted by yuka at 2007年08月30日 12:06
詳しいお話しありがとうございました。
コーヒーって奥が深いんですね。
コーヒーのことがますます好きになりました
Posted by chakura at 2007年09月07日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。