2007年09月17日

「まち」がミュージアム!

HI330132.jpg

地方間格差が叫ばれる昨今、当店の所在している商業地域もいわゆるシャッター通り化が進み、寂しくなるばかりです。
富士吉田という町は戦前から昭和40年代くらいまでは、織物の町として大変隆盛を極めた町でした。
町の繁華街には地元の織物業者さんや全国の関連業者さんが連日繰り出して、とても富士の麓の片田舎とは思えないほど賑やかな町だったそうです。
それから幾十年、織物産業はほとんど姿を消し、繁華街もその当時のまま時間が止まったように寂れていってしまいました。

しかし、そんな古びた町並みが面白い!と思ってくれる方々がここ数年増えてきています。
昨年はウッチャンナンチャンの内村さん監督の映画「ピーナッツ」の舞台にもなったりしたんですが、この「まちがミュージアム」はこの古びた町並みのそこかしこを舞台に、現代アートの芸術家さんたちが様々な作品やパフォーマンスを繰り広げています。もうかれこれ、8年目のイベントで、「アートによる【まち】美的再生主義」をコンセプトに掲げています。
今年の「まちがミュージアム2007」は9月15日(土)〜23日(日)までの開催です。富士五湖地域にお出かけの際にはちょっと変わったアートな世界を体験してみてはいかがでしょうか!

開催概要はこちらをチェックしてみてください!
http://www.fujigoko.co.jp/Events/yoshida/artfestival/


posted by yu at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。